僕が使用しているクラシックギター弦(プロアルテ/カーボン)

こんにちは!もっくんです。

今日はちょっとクラシックギター弦についてです。

クラシック、フォーク、エレキ、どのギターも弦は大事です。

違う秘密は、
テンション(張りの強さ)、メーカー、素材etc…が絶妙に組み合わせです。

弦を変えるとギターそのものを変えるくらい音色が違うこともあります。

特に僕の得意とするクラシックギターは音色に顕著に出ます。

一度色々な弦をはりはじめると、全部試したくなってきてしまう恐ろしい病気にかかります笑

僕もその中の一人ですが、今回運命の出出会い…してしまいました!!!

「プロアルテ カーボン」です!!!

お値段はちょっとお高めの実売¥2.000-ちょい程

詳細は調べて下さい!!笑

高音弦が、フロロカーボンという素材だそうです。
釣糸等に使われている素材ですね。
ナイロンより比重が重たいらしいです。

サバレスというメーカーにも同素材のものがありますが、こちらのプロアルテの方が太い音のイメージ。

ネットの口コミを見ると、キンキンするというのをいくつか見かけましたが、特にそんな感じはしなかったです。

僕が張ったのはノーマルテンションですが、こちらはハードテンションもあるので、そちらだとちょっと音がキンキンするのかもしれません。

普通のプロアルテだと僕のカズオ・サトーだとコモルイメージなのですが、カーボンは良い感じに響いてくれます。

なんかギターっぽい音がします笑

これはもちろん僕のギターに張った場合の感想なので、絶対的なものではありません!!あしからず!!

ギターによっての相性がありますので、音色にお悩みの方は、是非弦を色々変えてみて下さい!
どうしても押さえられなかったコードが張りの弱い弦に変えただけで弾けたりしますよ!!

アディオス!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です